脳卒中センターは川崎市の東横病院の脳卒中科(脳神経内科) 脳神経外科へ(脳卒中・脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)

〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町3−435
代表電話
044ー722ー2121
武蔵小杉駅徒歩2分
東急東横線、JR南武線東横須賀線
横浜駅から12分 東京駅から18分
品川駅から11分 渋谷駅から15分

日本脳神経⾎管内治療学会認定専門医5名常勤(学会認定研修施設)

 
午前 脳卒中科
(脳神経内科)
植田・鈴木 徳山 吉江 高石 臼杵 辰野(第2)
濱田(第4)
高石(第5)
脳神経外科 小野 小野 植田 吉田 小野 吉田
専門外来 脳血管内治療
(植田)
ボツリヌス治療
(小野)
脳血管内治療
(植田)
午後 脳卒中科
(脳神経内科)
鈴木 濱田 辰野 高石 臼杵

専門外科 セカンドオピニオン
(植田)
神経難病
(大熊)
神経難病
(大熊)
頭痛外来
(大熊)
物忘れ外来
(大熊)
2019年4月1日現在

脳卒中センター 基本方針

24時間365日の救急医療体制

24時間365日の救急医療体制

脳卒中ホットライン体制にて、専用直通電話を携帯した専門医が、 救急隊や医療機関からの受入依頼や患者相談について、 24時間体制で直接受け付けます。緊急時には、CT・MRI・ 超音波検査・脳血管撮影(脳血管内治療を含む)・ 脳外科手術等を24時間対応しています。

脳卒中専門病棟

脳卒中専門病棟(Stroke Care Unit:SCU)によるチーム医療

脳卒中専門病棟(SCU)において、脳卒中内科医、脳神経外科医、 脳血管内治療医、リハビリ科医と、看護師、リハビリ療法士、 放射線技師、医療ソーシャルワーカー等の各専門職の協力の下に、 多職種による集学的なチーム医療を推進します。毎朝8時からの モーニングカンファレンスにおいて、手術や治療の経過を報告し、 治療方針を検討しています。

低侵襲治療である最新の脳血管内治療の導入

日本脳神経血管内治療学会指導医及び専門医が複数常勤医として 勤務し、最先端の脳血管内治療を24時間態勢で提供します。 特に脳卒中に対する緊急治療(急性期脳梗塞に対する 局所血栓溶解療法、脳動脈瘤塞栓術など)や、再発予防の ための治療(頚動脈ステント留置術、頭蓋内血管拡張術など) を積極的に施行します。

脳卒中急性期リハビリ

脳卒中急性期リハビリと地域医療連携の推進

脳卒中急性期からSCUにおいて積極的にリハビリテーションを行う と共に、退院後に地域の医療機関やリハビリ専門病院へスムーズに 移行できるように、密接な地域医療連携を推進します。

東横病院 脳卒中センターからのおしらせ

  • 2018/10/01  深野医師が異動し、大坪医師が着任しました。
  • 2017/04/03  “脳血管内治療外来”は、毎週水曜日午前と木曜日午前の2枠となりました。
  • 2017/04/01  スタッフの異動があり、新メンバー4名が着任しました。
team

東横病院 脳卒中センターの組織

脳卒中センターは、あらゆる脳卒中とその周辺疾患の診療に特化して、救急医療から再発予防まで総合的に最新治療を提供する組織です。 診療科としては脳卒中科と脳神経外科から構成されますが、その垣根はなく一つの診療チームです。その中で脳血管内治療部門は 脳卒中科が主に担当します。この医師の診療チームを支えるのは、看護部門、画像診断部門、リハビリ部門、医療ソーシャルワーカー および医療支援・連携部門の各種専門スタッフです。脳卒中センターのメンバーは、毎朝早朝よりカンファレンスおよび回診を行い、 Stroke Care Unit (SCU)を中心として、常に最高の医療が提供できるように努めています。

聖マリアンナ医大東横病院脳卒中センター
聖マリアンナ医科大学 東横病院 脳卒中センター

聖マリアンナ医科大学 東横病院 脳卒中センター

標榜科目 脳卒中科(脳神経内科)、脳神経外科

センター長
脳卒中科教授 植田 敏浩
住所
神奈川県川崎市中原区小杉町3-435
電話
044-722-2121